CHECK

自然をスパイスに食事を楽しむ!?初めてのBBQで役立つ基礎知識を分かりやすく解説

BBQは串に肉や野菜を指して焼いた料理といわれていますが、アウトドアで楽しむBBQの場合は串にさすこともあるけれども、牛肉や鶏肉などの肉類を網もしくは鉄板の上で焼いて食べるスタイルが主流ではないでしょうか。
もちろん、これも立派なBBQですが、家の中でやるよりも屋外で自然をスパイスにした食事にした方が何倍もおいしくなる、普段食が進まないひともみんなでBBQに出かけるとおなか一杯になるまで食べる人も多いのではないでしょうか。

BBQは火気厳禁の看板がない場所ならどこでもできる?

BBQをやりたいけれど、近所にできるところがない、公園などの中には火気厳禁の看板があるのでこのような場所ではできないけれど、看板がないならできるのだろうか、このように考える人も多いのではないでしょうか。
水道設備やトイレなどがある公園の中には火気の取り扱いを禁じる看板が設置されていないところもありますが、公園は公共施設であり多くの人々が利用する場所ですから、火気厳禁の看板が設置されていないところでも基本的にBBQをやることはできません。
ただ、公園の中には指定エリアであればBBQができるところもありますので、住んでいる地域周辺で利用できるところを探すと良いでしょう。
このとき、指定されたエリアの中でできることを理解しておくことが大切です。
敷地の中でもできるエリアとできないところがありますので、BBQができるのがどのような範囲になっているのか、利用する前に確認することが大切です。
基本的には、看板やロープなどで指定が行われているので、そのルールを守りましょう。

同じ敷地内でもできないエリアも!BBQができる場所は決められている

都心にある公園の中には、一部のエリアをBBQ広場として開放しているところがあります。
無料になっているので、休みの日になると近隣に住んでいる人々が家族連れや仲間同士で訪れるところも少なくありません。
無料で開放になっていますが、道具を貸し出すような会社はありませんし、火の後始末は各自で責任を持ち行うなどの暗黙のルールがあります。
決められた場所でBBQを楽しむことができる公園として人気がありますが、利用する人のマナーが悪いなどの理由で使用できなくなることもありますので、身勝手な行動は控えなければなりません。
ちなみに、管理施設も同じですがBBQはゴミを各自で持ち帰ることがルールです。
仮に、ゴミ箱が設置されていてもそこに捨てるのではなく必ず持ち帰りましょう。
仮に、燃えるゴミなどの回収場所が近くにあるからといって、そこに捨てるのはご法度です。
そこにゴミを出すことができる人は指定地域に住んでいる人のみです。

BBQで炭火を使うときのポイント①:火をおこす手順

BBQをやるとき、薪を使う方法よりも火持ちが良い炭を使う人は多いのではないでしょうか。
ただ、炭は着火させるためにはコツがいりますので、そのやり方について知っておくことが大切です。
比較的簡単に火をつけることができるのが着火剤を使う方法です。
ゲル状のものをつかうときはそれを木炭に塗ります。
固定タイプの場合は、空気が入りやすいよう工夫して組んで、網の下側に置きます。
細長いタイプなら、雪の結晶をイメージして六角形に置くと良いです。
火をおこす手順は、着火剤を置いてから小さな炭を使って空気が流れやすくなるよう組み合わせて重ねる、準備ができたら着火剤に点火しましょう。
炭の8割くらい火が移った段階で炭を全体に広げ、焼くものにより位置調整します。
ちなみに、炭火の配置にはフルフラットやセンターウォール、サイドウォールなどがあり、豚バラ肉や霜降り肉のように脂分が多く炎が上がりやすいものを焼くときはサイドウォールの配置にします。
このように、BBQをやるときには火をおこす手順や位置調整などの知識も必要です。

BBQで炭火を使うときのポイント②:炭火の位置調整や注意点

炭を使って火をおこすと薪と比べると燃えている時間が長くなりますし、火力も強いので肉を焼くときはもちろんさまざまな料理を作るときにも便利です。
ちなみに、炭はコツを知らないと簡単に火をおこすことはできません。
このとき役立つ存在になってくれるのが着火剤で、ゲル状になっているタイプや棒状になっているタイプなどの種類があります。
小さな枝を空気が入るよう組んでから、着火剤を投入して新聞紙などに火をつけて点火させます。
後は、小さな炭を井桁状にして組み上げれば良いのです。
このとき、炭火の位置調整がBBQをより楽しいものに変えてくれます。
BBQは炭をいかに上手に燃やすか、これにかかっているわけですが単に燃やせばよいわけではありません。
あまりにも火力が強すぎると、肉などは直ぐに真っ黒こげの状態になるので適切な位置調子を覚えて火力を調節することが大切です。
最近は、動画サイトなどでもテクニックを披露している動画もあるので参考にすると良いのではないでしょうか。

バーベキュー台が必須!?BBQを炭火でやるときには直火は禁物!

BBQを楽しむ際、バーベキュー台は必須のアイテムと言えるでしょう。
特に炭火を使用する場合には禁物です。
なぜなら直火を使うと食材が一部焦げてしまったり、煙や油が大量に発生して周囲に悪臭や煙害をもたらす可能性があるからです危険を伴うことになるでしょう。
BBQ台は炭火を適切に制御し、食材を均一に焼くための理想的なプラットフォームを提供します。
炭火の温度を調節できるため、食材の焼きムラを防ぎ、美味しさを引き立てることができます。
台には通気孔や煙突が付いていることが多く、これによって煙や匂いを適切に排出し、周囲への影響を最小限に抑えることができます。
一方直火を使用すると、火の勢いが強すぎたり、食材との距離が適切でなかったりすると、焦げたり煙が多く発生したりする可能性があります。
これによって料理の品質が低下するだけでなく、周囲への迷惑にもなりかねません。
特に屋外でのバーベキューでは、火災のリスクも考慮しなければなりません。

BBQの便利アイテム①:大きなアイスボックスも楽々運べるキャリー

BBQをやるときには、アイスボックスやガソリンコンロなどの道具を運ばなければなりません。
自宅からBBQ場まではマイカーを利用すれば輸送も楽にできますが、駐車場から指定の場所まで距離があると道具を運ぶのが大変です。
荷物が多いときなどは駐車場を何度も往復しなければならない、このようなケースもあります。
さらに、片付けて帰るときも数回往復しないとならないと面倒です。
このようなとき役立つ存在になってくれるのがキャリーです。
これはキャスターが付いていて荷物を載せることができる便利な道具、一番下にアイスボックスを置いてその上に段ボールなどに入れた小道具や食材などを入れて運ぶことができます。
キャスターはサイズがいろいろありますが、サイズが大きいのものを選ぶのがおすすめです。
キャリーのキャスターサイズが大きなものは砂利道でも比較的容易に転がすことができますし、坂道などでもそれほど大きな力を使わなくても引っ張ることができます。

BBQの便利アイテム②:炭火を簡単に火起しが可能な火起こし器

BBQは、ガスやホワイトガソリンを燃料にしているコンロも良いけれど自然の中なら薪や炭を使いたい人も多いのではないでしょうか。
炭と薪を比べると、燃えやすいのは薪ですが長持ちして、肉をよりおいしく焼くことができる備長炭を選ぶ人も多いといえます。
着火剤を使うことで火がつきやすく、BBQをより楽しむことができるわけですが火起こしがより簡単にできるためには、空気の流れを考えるなど炭の組み方なども考えることが大切です。
空気が入りやすい組み方をすることで、均一に燃え広がるようになります。
このとき、火起こし器があるとさらに簡単に火を点火させることができます。
火起こし器は空気を送り出すために使用する道具で、ハンドル式になっていて内部に風を送って着火および燃え広がりが良くなるなど便利な道具です。
また、一度使用した炭も次回再利用できます。
このときあると便利なのが火消つぼ、これは片付けるとき燃えているものをそのまま入れて次回のBBQで活用できる便利グッズの一つです。

BBQの便利アイテム③:一つあると便利なアーミーナイフ

BBQと聞くと、網の上で肉や野菜などを焼く料理をイメージされる人も多いのではないでしょうか。
網以外にも、大きな鉄板を乗せて焼きそばを作ったりお好み焼きを作ったりすることもできます。
そのため、BBQでは網だけなく鉄板を持っていると料理の幅が広がるなどおすすめです。
ちなみに、鋳鉄製のフライパンのことをスキレットと呼びますが、焦げやすいことや重量があるなどのデメリットがあるものの、耐熱性に優れた特性があるためまんべんなく全体的に火を通すことができます。
このことからも、アヒージョやピザを作るときなど重宝しますので、マイカーを利用してBBQに出かける人などスキレットを持って行くと良いのではないでしょうか。
あると便利な道具の一つにアーミーナイフと呼ぶものがありますが、これはナイフだけでなく栓抜きやコルク抜き、ハサミなどいろいろな道具が一つになっているナイフの総称です。
缶詰を開けるときやワインを開けるとき、パンを切るときなど専用のどいう具がなくてもアーミーナイフがあればいろいろなシーンで活用できます。

BBQの便利アイテム④:重量はあるけれどもあると便利なスキレット

BBQのときにスキレットがあると、いろいろなメニューの挑戦ができるようになります。
キャストアイアンもしくは鋳鉄フライパンとも呼ばれている道具で、BBQだけなくキャンプのときにも重宝する道具です。
ただ、鋳鉄製になるので重量がかなりある、これは車を利用しているときでなければ難しいかもしれません。
蓄熱性が高くて熱がゆっくり伝わるなどの特徴があり、火のあたりが柔らかくてムラなく食材の過熱が可能です。
そのため、素材の旨味をしっかり閉じ込めることができるので、料理がおいしくなるわけです。
なお、スキレットは素材・サイズ・深さ・持ち手の長さなどを比較して選ぶことが大切です。
ちなみに、100円均一のお店でも扱っているところがあるといわれているので、これから購入してみたい人などお店に出かけると良いでしょう。
このような道具があると、普段とは違ったメニューをBBQで作ることができますので、ワンランク上のBBQになるのではないでしょうか。

BBQの便利アイテム⑤:炭の火消しに欠かせない火消つぼ

BBQは、炭や薪を燃料にして火をおこして楽しむものです。
ただ、ガソリンコンロやガスコンロを利用しても良いのですが、長時間使うとなると炭や薪の方がコストが安いですし、備長炭などは長持ちする上に次回のBBQでも使えることからも重宝します。
ガスやガソリンコンロの場合は、火を消してガスカートリッジを本体から取り外す、ガソリンタイプの場合は燃料を専用のボトルに詰め替えるなどで完了します。
しかし、火をおこした場合は燃えている状態のまま持ち帰ることはできないので、水を使って消火するなどの方法を選ぶ人は多いといえます。
焚き火台の中で水をかけて消火させると焚き火台は金属製ですからサビしてしまうこともあります。
ここでおすすめとなるのは火消つぼと呼ぶ便利な道具です。
燃えている状態の炭を火消つぼに入れて蓋を閉めておくと、内部が酸欠の状態になるので自然に火か消えます。
しかも、水を使っていないので次回のBBQでは乾燥させるといった手間を省けるメリットもあります。

BBQの便利アイテム⑥:コンパクトに折りたためる水タンク

BBQをやるとき、近くに水場があったとしても手を洗ったり、汚れたものを洗うための水を用意しておくと便利です。
火を使いますので、何かに燃え移ったときなどもバケツに水を汲んでおけば安心に繋がります。
ただ、BBQでバケツを持って行くとなると荷物になりますし、量もそれほど多くないのですぐになくなってその都度汲みにいかなければならないなど、手もかかることがあります。
水タンクは、容量が大きなものもありますので大容量タイプを購入しておけば水場まで出向くことなくBBQができますし、キャリーなどを使えば重量があるものでも楽に運ぶことができて便利です。
水タンクは、ポリ製のものも便利ですがコンパクトに折りたたむことができるタイプを使えば荷物の量を減らすことができますし、コンパクトサイズになるものなら1個だけでなく2~3個用意しておけば利便性も高まります。
このような便利な道具はアウトドアーショップに行くと売っているので、時間があるときなどでかけると良いでしょう。

BBQはしっかり後片付けを行ってから帰ることが大切

BBQを極めるためには、準備だけでなく後片付けもしっかり行うことが大切です。
次の人が気持ちよくBBQを楽しめるようにするためにも、周りを見回してゴミが落ちていないか、野菜くずや食べ物のカスなどが落ちていないのか確認しましょう。
これは基本的なマナーとしてやらなければならないことで、マナーを守ることが重要です。
管理施設の中には、ゴミ置き場が設けてあるところもありますが、基本的には各自で持ち帰って自宅で処分することが基本です。
後から分別すると大変なので、燃えるものやプラスチック、缶など分別しておいてそれを持ち帰ることをおすすめします。
野菜は、皮をむいたりして野菜くずが出ることになりますが、BBQに行く前の日などにきれいに洗って食べやすい、もしくは調理しやすいサイズに切り分けておけば野菜くずを現地で出さずに済むなど、ちょっとした工夫をすることで廃棄物の量を減らせますし手間を大幅に削減できるなどのメリットがあります。

BBQのゴミは持ち帰るのがマナー!

BBQを大勢でやると、それぞれが飲んだ飲み物の空き缶やペットボトルが大量に出てきますし、肉などが入っていたプラスチック製のトレーやラップ類などのゴミが大量に出ることになります。
管理施設の中には利用者が出したものを入れる専用の施設をよういしているところもありますが、基本的にBBQは自分たちで出したものは持ち帰ることがマナーです。
車を利用してBBQに訪れる人も多いかと思われますが、持って帰るとなると車内が臭くなる、このように考える人も多いことでしょう。
魚や生肉など夏場は腐敗すると強烈なニオイを放出することになりますが、これはビニール袋で2重や3重にしておくこと、燃料で使った炭を一緒にいれておくと炭は嫌なニオイを軽減してくれる効果もありますので、このような方法で持ち帰ることをおすすめします。
なお、なるべくゴミを出さない工夫も大切です。
例えば、野菜くずがでないよう自宅などでカットして持って行くなどが良いでしょう。

野菜などは事前に調理しておくこともBBQのゴミを減らすための工夫

BBQのごみを減らす工夫として、野菜やお肉はおうちで事前に食べたい大きさにカットしておくとよいでしょう。
人参やジャガイモなどの根菜類は、そのままカットして食べることも可能ですが、皮をむいたほうが食感が良くなるのでスライサーなどで皮をむく必要が出てきます。
BBQをする人数が多ければその分、野菜などの食材から出るごみも増えますし、何より、生ゴミですので持ち帰るとしても、車内で時間の経過とともに臭いが気になるかもしれません。
また、お肉に関しても、予め、袋から出してジップロックやタッパーに詰め替えておくことでBBQのごみを少なくすることができるでしょう。
ごみを減らすことだけではなくて、現地についてからの手間自体を省くこともできるので一石二鳥となります。
おうちで、こうした下処理ができないままに外出先でBBQを始める場合には、スーパーなどでカット野菜や皮のまま調理して食べられる食材を選ぶこともおすすめです。

大阪 BBQに関する情報サイト
大好きBBQ

このサイトは、外で食べる食事の中でも自然がスパイスとなるような魅力に川の流れや海辺の潮風などを感じながらのランチやディナーも楽しめる、BBQのお役立ち情報をご紹介しています。
ここでご紹介していることは、手ぶらで楽しめるサービスについて、道具はマイカーがなければ運ぶことができないなど基本知識を分かりやすく解説していますので、これから仲間でアウトドアに出かけたい人など参考にされることをおすすめします。

Search